グローブ

SDGsと株式会社アスター

この地球の住人の一員として、私たちは今のことだけではなく次の世代のために何ができるを考えながら生きなければなりません。株式会社アスターは技術力と事業を通じて、持続可能な社会の創造に努めていきます。

 

サステイナビリティとは

サステイナビリティ(Sustainability)とは、直訳すると「持続可能性」です。この言葉は「未来の世代が必要とするモノや環境を満たす能力を失うことなく、今の世代の人たちのニーズを満たす開発」として1987年に国連で打ち出されました。次の世代を配慮しながら今の時代を創っていくというこの概念に対する意識は年々世界中で高まりを見せ、今では人間と自然が共存するより良い社会を築くための最大の道標(みちしるべ)となっています。

その持続可能な社会を実現するために、2015年の国連持続可能な開発サミットで具体的な目標が定められました。それがSDGs(Sustainable Development Goals)です。より良い社会とより持続可能な未来を達成するために、17のゴールと169のターゲットが定められています。私たち株式会社アスターもこの地球の一員として、サステイナブルな社会の実現に向けた積極的な取り組みを行っています。

 

​株式会社アスターの取り組み

株式会社アスターは技術力と事業を通じて様々な貢献が可能ですが​ここでは主となる3つの取り組みについて紹介します。

風力発電アイコン2 (1).png

SDGs7: 持続可能なクリーンエネルギーをすべての人々に

リサイクル矢印2.png

SDGs12: つくる責任つかう責任

聴診器のアイコン素材.png

SDGs3: すべての人に健康と福祉を